函館八幡宮

函館八幡宮
函館八幡宮は室町時代に創建、現在地には明治13年に移りました。蝦夷地開拓に神験ありと信仰されていました。
例祭は8月15日、それを挟んで前後3日間に亘る祭儀が斎行されます。
例祭後には隔年で神輿渡御祭があり、明治27年製造の八角形の金箔が施されている神輿が市内を巡幸、
還御に際しては神輿を担いで参道の石段134段を駆け昇ります。
この大神輿は2002年函館市有形文化財に指定されました。

【例祭日】
8月15日

【祭神】
品陀和気命(ほんだわけのみこと)
住吉大神(すみよしのおおかみ)
金刀比羅大神(ことひらのおおかみ)

【旧社格】
国幣中社

函館八幡宮

住所 函館市谷地頭町2番5号
電話 0138-22-3636